読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【空性における法と術】

恐怖の理解は、空間の理解です。
人は、計られた空間を生きます。
計量空間です。

人の条件付けを深めます。
人の条件付けを深めることを、
世間では進歩と呼ぶようです。
人が機械的に正確な人間になることが、
正しい人間のあり方だと思われています。

恐怖は人間中心を空間に条件付けます。
条件付けは、頭脳の誤作動です。

この条件は、分割・計量です。
分割・計量は思考です。
人間の条件は思考です。
人は思考によって条件付けられ、
計られた空間を生きるのです。

この明確な知覚をもたらしてくれるのが、
生きた空間、生きた恐怖です。
空間の理解は空の性質、空性です。

ありのままを映します。

よって、
分割・計量の法と術をもって、
人間の条件である思考システムの理解が、
人間社会に革命をもたらす可能性です。

分割あるところ計量があり迷いがある。
計量あるところ分割があり闇がある。
分割あるところ誤差を生じ誤作動する。
これが法であります。

闇と迷いを晴らすには、
人は自らが光であることを要します。
これが術であります。

これは法と術です。