読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【観察者の正体】

【観察者の正体】
私たちは、
まねすることを学んできました。

まねをすること、同一化すること。
中古の人間になること。
順応していき機械的な習慣のわだちにはまりこむこと。
同じ時刻の電車、タイムカード、指図、指示、指令です。
条件を与えられ条件付けられていきます。

仕事とは、このようなものでしょうか?
仕方がないのでしょうか?
そのまま続けますか?

私たちはなぜ、協力して生み出せないのでしょう。
なぜですか?

選択しましたよね。
自分自身で生み出しましたか?
比べたわけです。
他の仕事と。

選択は、中古人間の証です。
機械的人生を歩む証です。

「私にだって選ぶ権利がある」と言うとき、恋人を、夫を、妻を選びます。
家庭を築きます。
他の家庭と比べます。

比較は、中古人間の証です。
機械的人生を歩む証です。

自分自身が、中古の人間であるという明らかな自覚を持てていますか?
それとも、言葉だけでしょうか?

自分が中古品だと認めることはできませんよね。
そんなひどい言い方は、ないですよね。
いいわけを考えましょう。
比較の中でみんなが生きているのだから、仕方ないよ。

その中で自己防衛をしながら、正当化しながら、よりよく評価されたいし、よい妻、よい夫に恵まれたと感謝し、又は同じことでしょうけれども、なんてひどい夫、どうしようもない妻だと感じ、今はただ我慢だといい、又は限界だといい、次の相手を捜しましょうか?選べばいいわけですし、もちろん仕事もそうでしょうし、宗教も選んで、安定を得られないなら、また違うのを捜しましょう。

本当に、これでいいのですか?

このすべてが、イメージの中で生きている私の断片化です。
様々に分けられて計られており、比較され勝ち残りをかけた戦いです。

このすべては観察者です。
私たちは観察者を観察しています。
観察者はイメージを分割・計量します。
観察者が観察しているものも、イメージの分割・計量です。
この分割と計量との二重性は、恐怖と葛藤を生み出して、分割の闇の中で、計量の迷いの中で監獄生活を余儀なくされています。

どうやって出ますか?

観察者は観察されています。
観察者は人類です。
イメージの分割と言葉の計量なしに、
みれますか?
それとも言葉でできたイメージですか?

どうか自分自身で見出してください。
人類の悲しみはあなたの悲しみです。
あなたの家は人類の家の一部です。
あなたの仕事は人類のためにありますか?
あなたの関係はイメージにより分割していませんか?
あなたの関係は言葉により計られていませんか?

分割と計量が止むなら、あなたのイメージは人類のイメージです。
あなたが変われば、あなたの家が、あなたの職場が、あなたとの関係が変わります。

これは革命への道です。

そのために生きている思考を、このブログを通じて共にもたらしましょう。

4月16日