読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誤作動している経験】

【誤作動している経験】

法と術は人が学び生きることの中心です。
無量なる方法と技術を生じさせては滅し去る力の中心作用です。

この宝箱から、人間は方法と技術をとりだしてしまったのです。

根本的な分割がおきました。
すべての方法と技術は、
分割・計量の道具である法と術です。

分割あるところ、
誤差が生じ、
誤作動する。
これが法です。
このありのままを見ることが術です。

ありのままの事実は「不平等」社会です。
「平等」にせよと計ります。
分割しましたね。
どこに誤差が生じましたか?
「平等」にせよと計る主体です。
計る主体は「不平等」から「平等」へと、誤作動します。
いつまでたっても「不平等」社会です。
これが法です。
〔分割あるところに誤差が生じ誤作動していますよね。〕

この誤作動を計量空間に映します。
〔生きている無量の空間には映りませんよ。〕
計量空間は社会です。
自己中心から時間の動き、誤作動です。
社会に映された自己中心の誤差を見ます。
これが術です。
〔この見るという術は光に依存しないで、と言うことですね。もちろん網膜は光に依存しますよ。心が、です。〕

取り出された方法と技術は時間です。
事実と理想を分割しつなげる時間です。
事実が継続し続けます。
「不平等」社会です。
時間はありのままの社会を刻み続けます。
不平等が事実ありのままであるからです。

方法と技術においては越えられません。
理解されません。
不平等を。
社会を。
自分自身を。
ありのままを、です。

方法と技術を終うことが法と術です。
時間を終わることが法と術です。

何が聞こえていますか?
音ですか?
声ですか?
声を発する中心の響き?
それとも、意味だけですか?

このすべてを届けている母体は何?
そうですね。
静寂です。

静けさの中で、中心の響き、音色を聞けますか?
自己中心の葛藤する音色です。

苦しみと戦いの音です。

物質の音と生きている苦しみの声です。
静けさにおいて聞いています。
聞く術です。

見る術、聞く術をお互いに届けるため、
中心作用を理解しましょう。

それは知識の分割=誤差であり、
そこからの経験の誤作動です。
始めに経験があります。
〔これは自分で見いだせます。〕
経験を知識として記憶に蓄積します。
過去の一部として知識の蓄積です。
蓄積から思考します。
思考が経験者を造ります。
その経験者が経験をします。
これが誤作動であることを自分自身で見いだせます。

経験を知識として蓄積していくことで、
人類の知識が断片化していきます。
現実に、人類の頭脳が断片化し、
一人の人間の頭脳に中心作用がおきます。
すなわち、誤差から誤作動です。

これが苦しみと戦いの結果を招きます。
結果である戦争の断片化はテロです。
現実に今、おきている事実です。
化学兵器核兵器巡航ミサイルです。

危機的な誤作動のありのままです。
この根本因は中心作用です。

私とあなたの中心です。
私は違うと思いますか?
それが誤差の正体です。

脳細胞の中心作用です。

4月13日