読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【自己中心を開く誤差のプロセス】

【自己中心を開く誤差のプロセス】

〔自由の扉を開く誤差のプロセス〕
Ⅰ{1重さ=2時間=3空間}
Ⅱ{1自己中心=2葛藤=3恐怖}
Ⅲ{1記憶=2知識=3経験}

誤差のプロセスを理解することで、
あなたと私はともに、
頭脳と世界との関係を見出し、
一つの神経細胞が電気信号によって織りなす生命の物語を見て、聞いて、学ぶことにより、
あなたと私はともに、
自己中心から、
人間の中心へ、
生命の中心へと辿ることで、
そこに実体がないことを悟るなら、
中心からの解放があるでしょう。

今、私たちはお互いの誤作動を止め、
重さから経験までをたどることで、
脳と宇宙との相関する関係、
すなわち法と術を理解しよう。

誤差プロセスにより、
世間の方法と技術が生まれます。
この生みの親が法と術です。
誤差の理解は完全計量です。
完全計量が方法と技術の生みの親です。

誤差を条件とする中心=重さは、
知的分割計量の動きである時間に、
条件付けられる。
知的理解者として条件付けられる。
知的理解者は、
自らが知識の組み合わせにすぎないということに無自覚です。
誤差の中心を抱えた知的理解者は、
自己正当化の戦いを継続するよう条件付けられています。
知的過ちを恐れ、
知的過ちを非難し、
自己の過ちを隠すために、
知識の組み合わせを変えていく。
このプロセスにより、
戦いにおいて殺すという過ちが、
正当化されます。
これは時間により条件付けられた人間たちのありのままです。
この人類の誤差が自己中心であり、
誤作動しています。

私は、人類の誤差です。

この理解は、自己理解です。
この理解は、革命の可能性です。
と私はあなたに告げます。

受け入れないでください。
はねつけることもしないでください。
判断せずに、評価せずに聞いてください。
解釈して記憶内容と照らし合わせないでください。

そして、結論と答えに行き着こうとしないでください。

あなたに告げたことを、
あなた自身である研究室で、
あなた自身を実験してみてください。

自分自身を理解するときに革命の扉は開くと言います。

それでは、プロセスを理解し、
法と術を開きましょう。

時間と空間、葛藤と恐怖は前回までにやりました。
それは、時間である葛藤がシグナルとして計量空間の監獄構造を、恐怖をもって伝えてくれることでした。
それは、時間の誤作動を止めること、
思考が止まることでした。
それは、道具箱は道具であること、
思考者は思考であること〔すなわち〕
私は道具であること、
私は思考であることの理解により、
生じると言いました。

今は、自己中心を理解するため、
言葉とイメージの道具箱を開いて、
道具の中心から、
見て、聞いて、学び、
見る術、聞く術、学ぶ術を開きます。
すべての方法と技術は溶けこみます。

自己中心を開く法は、
自らが光であることを術とします。
自己中心の法と術です。

中心が光るとき闇は晴れるからです。
意識が光るときに、
無意識が消えゆくとともに、
中心をならしめていたものの関係が暴かれます。
意識する主体に自由があるのかどうか?
意識できる行為は無意識に条件付けられていないかどうか?

自由意志の行為が、
自由でないことを暴くなら、
その光と共に、
自由を開く可能性が開くかも知れません。

この準備作業として、言葉とイメージでできた道具箱を開ける必要があります。

道具箱は道具です。

私たちは、言葉でイメージを造り、
相手を指図、指示、指令し、
相手に順応し、従います。

私は、何に従っているのでしょう?
私は、なぜ従うのでしょう?

二重基準と戦いの始まりです。
心の内ではイメージとの葛藤、
身体の外ではイメージとの戦いです。
相手のイメージを壊して、
道具を取り出し利用しようとします。
相手のイメージに恐れると、
自分の道具を差し出し、
利用されようとします。

お金の有る無し、
地位の有る無し、
権力・権威の有る無し、
生産手段の有る無し、
イメージが分割し、計られています。
二重基準の中、戦いです。

道具箱は言葉でできたイメージです。
私のイメージとあなたのイメージです。
私の葛藤とあなたの葛藤、
私の時間とあなたの時間、
私の恐怖とあなたの恐怖、
私の空間とあなたの空間、
自己中心の重さを抱えて、
お互いは関係し合えるでしょうか?

イメージとイメージとの関係が、
関係であるのかを問えと言われます。

自己中心は、
互いに出会えるでしょうか?

私は、あなたをイメージなしに、
見ることができていません。
あなたのイメージに隠された中心に、
出会うことができません。

こうしてイメージとイメージとの関係、
道具箱との関係を、
どう開けるでしょうか?
道具箱は言葉でできたイメージです。
道具箱は道具です。
私は道具です。
私は言葉です。

世界は言葉で、言葉が世界です。
言葉なしには、消えてしまいます。

言葉でできたイメージが消えるなら、
関係が、道具箱が開きませんか?

言葉は計量です。
計ることです。

計ることのできない自己中心は、
今、この現在において、
計ることでは出会えない。

生まれては死に、死んでは生まれる、
自己中心のありのままに出会えない、
今を生きる70億もの自己中心たちは、
過去何万年もの間、
生死を繰り返してきた自己中心たちは、
計ることのできない自己中心です。

計ることでは出会えないし、
関係することはできません。

言葉は計量であり、
イメージは分割です。
言葉とイメージは分割・計量であり、
計ることです。

イメージなしに、言葉なしに、
中心から関係できないでしょうか?

中心が消えるとき、
それは中心からの関係です。
自分以外の人に、中心を消すように指図できません。

自分からです。

日常生活において、
生きている苦しみ、
生きている問題を、
中心から開くことで消えていきます。

このとき、
発見があるなら、
それは法と術です。

このブログをとおして、
お互いが、
自己中心を実験してみましょう。

3月27日