読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【不死の門を開く準備実験】

【不死の門を開く準備実験】

このブログ上でおこなわれる、
あなたと私の実験・研究は、
一つの脳細胞が、他の細胞との関係を、
物理的にも、精神的にも変革するとき、
人間の頭脳全体に引き起こす波紋が、
人間社会に変革を引き起こす、
革命の可能性を開く実験・研究です。

前回、私たちは、空性において、
ありのままが映し出されるのは、
自らが光であることにおいてだ、
と言いました。
これは、時間と空間との分割・計量を理解したときにおきる空の性質であり、
生きている空間との融合です。

人間が生きる空間は知的空間であり、
断絶であり、闇です。
光に依存します。
自らが光であることを見失います。
闇において時間の非可能性に迷います。

知的空間の中では時間は可能性です。
物理的には光がなければ見えません。
現在において見えるのです。
未来は見えません。

現在を開くのです。
現在において、
過去から未来への動き=時間が、
非可能性であることが見えるなら、
可能性としての今が開くのです。

時間は自ら本性を開き、
空間に消えていきます。

言葉を換えますと、
葛藤が、
恐怖の闇の手助けで、
自ら光ながら仕組みを教えます。

物質原理と生命原理が出会い、
命の中心作用である、
苦しみと戦いの本性が現れ始めると、
中心の原理は解消し始めます。

原理と原因を求めてきた中心が止み、
知的理解の誤差が暴かれます。

生と死の分割が止み、
不死なる門が現れます。

この門を開く鍵は、
自己中心の理解です。

計りきれない自己中心の重さを、
どのように計ればよいのか?
計らないのです。

今、
自己中心からの誤作動が止んだのです。
あやまちの差異性である、
誤差の法則に入りましょう。

誤差法則の理解が道具箱を開く鍵です。

私は道具です。
道具の作用を理解します。

自己中心から自己を理解するなら、
自己のプロセス、
道具のプロセスが見えるでしょう。

自己が道具として、
命全体に使われているなら、
自己の死は、生に使われ、受け継がれ、
死は生に溶けこみます。

不死の門が開いているかも知れません。