読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2,思考の動き=時間

2,思考の動き=時間
時間は過ちの動きです。
時間は可能性を奪います。
時間は経験を誤作動させます。
結果は殺すことの正当化、戦争です。
時間を止めることは可能でしょうか?
時間の分割・二重性に挑戦します。


あなたと私との時間の関わりを見ることは、
大変興味ある、ありのままの驚きがあると思うのです。

世界に広がる時間を見てみましょう。
各々の宗教の伝統、時間です。
各々の国の伝統、時間です。
各々の学校の伝統、時間です。
各々の経済組織・会社の伝統、時間です。
道徳団体の伝統、福祉団体の伝統、時間です。
世界には、無数の時間がひしめき合いますが、
どの時間にも始まりがあり、終わるときが来ます。
それは制限された動きです。

それ自体の動きが、私とあなたを条件付けます。

私は、あなたを崇拝し、敬意の言葉で讃えます。
あなたは、私を見下して、ののしります。
あなたと私との、比較と計量のすべては、
記憶の傷としてため込まれ、
記憶から正しくあろうとする動き、
過去からの動き、
すなわち、過ちの動き、時間です。
過ちの動きは、正当化します。
殺すことを正当化する動きは人を過つのです。

時間によって、あなたと、私は分割し、
私は、世界から分けられます。
数え切れない記憶の傷、計りきれない記憶の傷です。

分けられ、計られ、分割される瞬間瞬間を、
私たちは今、見ています。

引き裂かれた時間
分割の二重性が自我を解体させる
私の時間を奪ってきた時間
私の考えを奪ってきた思考
二極二重の本性が暴かれてゆく
物質を分割させる闇と
物質のプロセスを暴く光が出会い
解放の扉を開く
言葉で記されたイメージの扉を、、、。

時のなか時から放たれた心は空です。

心のままに恐怖の空間に入りましょう。