読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無名校の集会 言葉の重さ

無名校の集会
完全な計量があなたを変え、
世界を変える。
計量の本性を学ぶ学校。
無名校学校建設の集会を
毎月第三土曜19時から
ひとまち交流館で行っております。

あなたは計りきれない無量なる命の一部です。
あなたが人を計り、世界を計るとき、
あなたもまた計られています。

計りまいちがいです。

そのまちがいの中心が私の中心です。
今から、私とあなたとで、この中心にある
(あやまち)(まちがい)の本性を暴くことで、
-(これを暴くことが計量本性を暴くことです)-
罪の中心、暴力の中心を暴き出す力を発見し、
力により、私とあなたが変わることで、
私たちが生きている環境・世界が変わるかどうか、
挑戦するのです。

挑戦を始めるに当たって、
私たちは、自己を知らねばなりません。
脳が長年(何千年何万年以上)使ってきた
思考の仕組みを知らねばなりません。
思考は自己であるからです。

(言葉~イメージ~経験~知識~記憶)
(この記憶から思考します。)
(そして、思考に支配された経験です。)
(言葉とイメージなしに見れば、反復される思考です。)
(記憶を基点にして反復している思考の動き時間です。)
(思考・時間を明確に映し出す闇が空間の恐怖です。)
(恐怖の闇において思考の仕組みが映し出されます。)

思考は自己自身であり、私とあなたとは、
思考の仕組みを理解しなければなりません。
それは思考が自らを惑わす物質のプロセスです。

1,言葉の重さ(まちがい=誤差の重さ)
2,思考の動き=時間(まちがい=過ちの動き)
3,恐怖の闇=空間(まちがい=間違いの空間)
4,自己の理解=(まちがいを暴くエネルギー)
この4つが思考の物質プロセス=
重さ・時間・空間・エネルギーです。

1,言葉の重さ
自己中心に刻まれ、刻印された言葉。
言葉なしに、すべての言葉を消し去り自己中心と共に、
ただ一人あるとき、
刻印された中心の言葉は、
日中の光のなかにもかかわらず、
自己という闇の中で光り輝く。
そして、自己中心の刻印が美しく消え去るとき、
生命の中心を学んでいるのです。

生命は単一のプロセスです。
それを分割させるのが、生命の苦しむ原理であるという、
分割の本性を生命の中心から学んでいるのです。

言葉は計量です。
計量は迷いを造り幻影を造ります。
言葉が消え、計量の迷いが晴れますと、
分割の本性が見えるのです。

それは、思考の、時間の、苦しみの本性です。
命を分け、戦わせる仕組みを見るのです。
思考の動きが静まるときの時間の仕組みを見ましょう。

言葉は正しくあることができない
悲しみです。
自分を正当化するという悲しみなのです。
言葉は悲しみの重さです。