読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見る術

〔自己を理解する法と術〕
3,(言葉を越えて見る術)

始まりは言葉です。
言葉の水を飲んではなりません。
無限に渇きます。
命に死をもたらします。

言葉は水ではありません。
言葉は命ではないのです。
それを飲むと、人は死のプロセスに入るのです。
それは無限の地獄です。

私たちは、地獄から抜け出せるでしょうか?

水と水のイメージは異なります。
命と命のイメージは違うものです。
水と水の知識は異なります。
命と命の知識は違うものです。

私たちは判別を失ったのです。
私たちはイメージを飲み、受け入れます。
私たちは知識を飲んで、受け入れているのです。

必要なものは水です。
水のイメージではありません。

大事なものは命です。
命の知識ではないのです。

言葉を越えて、見ることはどのようなことでしょう。

クリシュナムルティ生の書物
人類の物語が、あなたにあります。
広大な経験、深く根付いた恐れ、心配・切望、悲しみ、楽しみと、人が幾千年もの間中蓄積してきた信念すべて、です。
あなたがその書物です。
この書物を読むには、ただそれを観察するのです。
雲を観察するであろうように、です。
あなたは、雲について何もできません。
ヤシの葉が風に揺れているのも、
日の入りの美しさも、です。
あなたはそれを変更できません。
それは、観察の芸術、見る芸術です。
あなたが、あなた自身である書物を読むとき、
あなたと書物はありません。
読者と、あなたから分離した書物は、ないのです。
書物はあなたです。
(23~24p)

なぜ、私たちの精神は、言葉・イメージ・知識で動かされるのでしょうか?
この問いを共に開くため、学ぶ術を開き、
思考の動きを見ましょう。