読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【断片化と全体性】

【断片化と全体性】
暴力に巻き込まれてしまいます。
このとき、どうしますか?
恐怖します。
戦います。
逃げます。
どれも理解ではなくて断片化です。
わかりますね?
「どうしよう?」
考え込みます。
そして、友人に相談します。
「お釈迦さんならどうしたろうか?」と。
又は、
「キリスト様ならどうするだろう?」と。
又は、弁護士に頼みます。
法律で解決しましょう、と。
このすべては断片化です。
わかりますか?
心の断片化です。
心が知的に組み立てられたのです。
知識は人類のものです。
法律も聖書も仏典も知識です。
科学も技術も学問体系も知識です。
宗教も政治も文化も文明も伝統もです。
知識でできています。
知識は人類のものです。
これら知識でできたもののすべてが断片化していきます。
なぜですか?
私が知識でできているからですか。
根本因は私です。
これら知識を私の経験に引き寄せてきて記憶内容を造ります。
これが私ですね。
記憶内容が私です。
そうですね。
記憶内容は人類の知識の断片化です。
私と人類とが断絶します。
この私の構造は誰とでも戦いであり、心の中で葛藤ですね。
この論理はわかりますよね?
では、実際には、どうしますか?
どうか、どうもしないで見てください。
そのままの状態で、
ありのままを生きてみましょう。
暴力のなかを、です。
戦いのなかを、です。
恐怖のなかを、です。
物理的な危険に対しては、すぐに反応してくれるでしょう。
無意識ですよね?
心理的にはどうですか?
意識的な精神は今どうですか?
人類の心は断片化しています。
それが私です。
数えられない人間たちの断片化です。
それが私です。
どうすれば、
この私は安定するでしょうか?
どうすれば、この意識的な精神は、
平静さをもたらすのでしょうか?
どのようにして意識の表面的な諸層に、平静さをもたらすのでしょうか?
これは回避不可能な応答です。
ですが、それは間違った問ではないでしょうか。
これは意識的な精神により立てられた問いではないでしょうか。
ですから、それはやはり即時的な精神の活動ではないでしょうか。
それ自体を明瞭化する作用・行動こそがやはり、意識的な精神の活動なのでしょう。
ですから、意識的な精神は、もう一つの方向にだけ、やはり活動的なのです。
そのとき重要なことは、あるものに気づくことです。
この表面的な精神の落ち着かない活動に気づくことです。
それを拒否したり、それを正当化したりすることなく、それに気づくことです。
そのずるい代替物、その散漫、そのずるさに気づくことです。
意識の表面的な諸層に気づくようになることではなく、気づいていることにより、平静さが訪れます。
非難や正当化がないかぎり、まさにその気づきこそが理解をもたらします。
精神はそれ自体の活動に気づいているので、穏やかさをもたらすのです。
気づいてください。
単純に習慣に気づくのです。
すると、習慣の理解と終わりがあるでしょう。
精神は極度に活動的です。
速いものは、減速して遅くしないかぎり、理解できません。
精神がそれ自体を遅くすることは、とても困難です。
あらゆる思考と感情が完全に考えぬかれ、感じぬかれるなら、それはできるのです。
充分に考えぬき、感じぬくには、どんな同一化や非難もあってはなりません。
5月25日(静けさの発見より)

【悲しみの中で、、、】

【悲しみの中で、、、】
悲しみの中で、
悲しみを知るものはどなたでしょう?
この質問を自分にしてみました。
悲しみを知ることができないでいます。
知らない間に悲しみが訪れています。
私は悲しみを知らないのです。
だから私は悲しみを生きています。
誰が、悲しみを知れましょう?
私の悲しみは私にしか知れません。
その私は、自分自身を知りません。
どうして悲しみを知れましょう?
だから私は悲しみを生きるのです。
クリシュナムルティ
葛藤・抗争と悲しみの終わりは、自己の諸々の道〔・あり方〕を理解し超越することをとおしてある。
すなわち、精神の創造物ではないあの不滅の真実を発見するなかに、あるのです。
自己認識は困難です。
しかし、それなしには、
無知と苦痛は継続します。
自己認識なしに、
闘争に終わりはありえないのです。
4月27日

【人間の問題】

【人間の問題】
考えることが知識により支配されるときから、人間の問題が開きます。
人間の問題は知的ですね。
言葉でできていますよね。
この人間の問題は私自身です。
私は、私自身を理解しないなら、問題の中で死んでいくでしょう。
私は、人類が蓄積してきた問題の一つの断片です。
このようにして造られた私の問題を、
私はどのようにして、
解消するのでしょうか?
私の近隣での、
私の家庭での、
私の職場での、
私の学校での問題を、、、。
クリシュナムルティ
私たちは、
問題についてどのように考えるべきか、それにどのように接近すべきか、それをどのように検討すべきかを知らないなら、それを終わりにできません。
問題自体より、
接近〔方法〕のほうが重要です。
問題は、世の中・世界ではなくて、
あなたです。
あなたは、自分の最も切迫した即時の問題としてそれに気づくまで、
問題について正しく考えられません。
あなたは、まるでそれが自分の外側にあるかのように、
それに気づかないかも知れません。
あなたが問題を造り出したのです。
ですから、あなたが問題としての自分自身に気づかなくてはなりません。
あなた〔のなか〕の混乱が、
取り除かれなければなりません。
というのは、混乱〔状態〕において行動することは、もっと多くの混乱を生み育てることであるからです。
変革、再生は、他の人からでなく、あなたでもって始まらなくてはなりません。
これが正しい接近です。
あなたの精神的、情動的な活動に気づいてください。
あなたの日常的な習慣と観念に、あなたの反復的な恐れに、階級的、共同社会的な分割に、国家的・民族的、人種的な敵対に気づくのです。
世の中・世界に平和がありうる前に、あなたに平和と秩序がなければならないのです。
4月25日

【盲目性】

【盲目性】
恋は盲目です。
「やめた方がいいよ、あんな人。」
何を言われても聞く耳を持ちません。
薬物は人を盲目にします。
ギャンブル、興奮させる娯楽、宗教、
盲目にします。
盲目にさせることで、常連にします。
盲目にさせることで、信者にします。
盲目の中で何が見えるでしょうか?
恋の盲目から覚めたときは、
「何でこんな人を好きになったのか?」
ですね。
薬物の盲目性は覚めにくいです。
何でですか?
恋する相手は言うことを聞かないときもあり、生きて動いています。
薬物は言葉をしゃべらないし、動きません。
自分の言うがままですが、
そのうちに自分自身が言うがままにならなくなります。
恋人を変えること、妻や夫を変えることや、宗教宗派を変えることはできますが、自分を変えることは難しいのです。
ですから、様々に薬の種類を変えてみますが、気づいたときは自分の身体がボロボロです。
盲目性は、人生の転機です。
人は、選択することのめくらです。
人は、変化することのめくらです。
人は、意味と概念の中めくらです。
盲目の中で、人は光を求めます。
世に言うところの希望の光です。
希望の光は時間の闇です。
盲目性のまっただ中で、自己中心の闇を映すなら、自意識は光り出します。
無意識の闇が意識に光を投げかけるに従って、無意識の闇が、無明の闇が晴らされていきます。
そのとき、あなたの自己中心は、
人類の中心であり、光です。
闇を生きる人間たちの光です。
4月23日

【人生ゲーム】

【人生ゲーム】
ゲーム中は勝敗を巡って戦っています。
ゲームが終わり勝敗が決し、
一喜一憂です。
次のゲームに備え始めます。
この意識です。
意識は自己中心の駒です。
社会はゲーム版です。
意識する私は、社会でいかに方法と技術を上手く用いて、又は下手くそでも、金、地位、名声、社会評価を得ることができるかにかかっています。
上手くいくと非常におもしろいゲームですが、下手をすると大変苦しめられるゲームです。
社会はゲーム版であり、私はただの駒にすぎません。
私は死ぬまでこのゲームを続けるつもりです。
ところで、あなたにお尋ねしたいのですが、このゲームの主催者は誰なのですか?
あなたはこのゲームには参加しておられないのでしょうか?
私にわかっていることの一つは、
私の意識がこのゲームの駒であること。
私の意識は社会の駒としての条件です。
この条件は、結果を得るようにと条件付けられています。
そうですね。
結果が得られない、又は悪い結果であるなら、条件を変えねばなりませんね。
よりよい技術、よりよい方法、よりよい手段はないかと模索して、見つけ出すならそれを学びます。練習します。認可を受けて免許や資格をもらいます。
これらが私の新しい条件となり、ゲーム上は有利になりますよね?
人生って、ゲームでいいのでしょうか?
人生はゲームですか?
これ、どうやったら終われるのでしょう?
社会を終わらすわけにはいきませんよね。
まさか、そんなことはできませんね。
でも、しようとしている人がいますね。
戦争やテロを行うことで終わりにすると。
戦争を行わせる人は、社会を終わりにしようとしています。
彼らは、このゲームはいけない、やり方やルールが悪いし、結果が悪いといっています。
この社会の評価でなく、神の評価がいると又は、神の評価でなく、先祖の評価だと又は、経済的評価だといっているようです。
国と国とに、民族と民族に別れていますがそれぞれに自分の言い分があり、自分にとっての新しいゲームを始めようとしますが、終わりにしません。
ゲームオーバーだと言えないのでしょうか?
なぜ言えないのでしょうか?
どこから終わればよいか、わからなくなっています。
単純ですね。
自分からです。
自己意識は駒です。
自由ではありません。
条件付けられています。
条件を終わりましょう。
条件は誤差です。
計量誤差です。
計ることを止めます。
分割が見え始めます。
分割はイメージ自体です。
イメージは人類の癖であり、生命の癖です。
イメージはそのもの自体ではありません。
分割します。
分けます。
私を造り、自己と非自己に分けます。
ここに計量が始まり言葉でできた偽りの無量性が始まります。
生きている無量性ではありません。
あくまでもゲームです。
これがゲームの構造です。
イメージです。
イメージなしに生きられますか?
無理だと即答しないでください。
問うのです。
自分自身に問うのです。
この問が開かないかぎりゲームは続きます。
ゲーム中は思考の中です。
問が開くとゲームオーバーです。
この問が答えです。
4月20日

【生きている思考】 このブログは、法と術を開き、あなたと共に新しい世界を開くためのブログです。 法と術とは宇宙の秩序です。 それは完全な秩序であり、 完全な計量の真理を理解することによりたゆむことなく真理自体がもたらします 法と術は方法と技術の母です。 この秩序から方法と技術が取り出されたのです。 宇宙に無秩序が生まれ、 生命は分割・計量されました。 生命の中心作用である誤差の誕生です。 苦しみ、殺し合う世界を開きます。 恐怖の世界を開きます。 相手を殺して食べなければ命をつなげない恐怖、相手から殺され食

 

 

【生きている思考】 このブログは、法と術を開き、あなたと共に新しい世界を開くためのブログです。 法と術とは宇宙の秩序です。 それは完全な秩序であり、 完全な計量の真理を理解することによりたゆむことなく真理自体がもたらします 法と術は方法と技術の母です。 この秩序から方法と技術が取り出されたのです。 宇宙に無秩序が生まれ、 生命は分割・計量されました。 生命の中心作用である誤差の誕生です。 苦しみ、殺し合う世界を開きます。 恐怖の世界を開きます。 相手を殺して食べなければ命をつなげない恐怖、相手から殺され食